2019年・茶舗 牧ノ原の摘みたて新茶

茶舗牧ノ原の2019年の新茶

茶舗牧ノ原の2019年の新茶

茶舗 牧ノ原の「新茶」

お茶の本場・静岡県の大自然の恵みを受けて育った個性豊かな新茶ラインナップ
お茶の旨味であるテアニンをたっぷり含んだ今しか飲めない新茶の味・香りをお楽しみください。

  • 写真

    『優艶‐ゆうえん‐』

    収穫量も少なく貴重な「手摘み」の茶葉も含め、その年の「最初の最初」に摘んだ茶葉のみを厳選して使用した贅沢な新茶。

    葉がまだやわらかく「テアニン(甘味成分)」を多く含んでいるため、優しく上品な味わいが特徴の最高級「新茶」です。

    優艶‐ゆうえん‐の紹介画像
  • 写真

    『春容‐しゅんよう‐』

    まだ茶葉がやわらかい時期に摘んだ「早場所」のものを中心に使用。

    「テアニン(甘味成分)」が豊富で、丸みのあるやわらかい甘味とやさしい香りを楽しめる、お客様にもお出しするのにオススメな高級「新茶」です。

    春容‐しゅんよう‐の紹介画像
  • 写真

    『翠風‐すいふう‐』

    力を増し、味わいにもコクが増してきた「早場所」の茶葉と「遅場所」のやわらかい茶葉を使用。

    甘味と共に力強さが感じられ、爽やかな味わいが特徴。コストパフォーマンス抜群の売れ筋「新茶」です。

    翠風‐すいふう‐の紹介画像
  • 写真

    『風趣‐ふうしゅ‐』

    茶葉が少しずつ成長し、緑も濃く、コクや力強さに加え、きりっとした爽やかさをもった茶葉を使用。

    いたずらに火を強く入れることはせず、茶葉が持つ甘味と凛とした爽やかな味わいを引き出した「新茶」です。

    風趣‐ふうしゅ‐の紹介画像
  • 写真

    『清か‐さやか‐』

    茶葉が成長し、「テアニン(甘味成分)」と「カテキン(渋み成分)」とをバランスよく含んだ茶葉を使用。

    力強く、輪郭がくっきりとしており、甘味だけでなく渋みもしっかり感じられる豊かで深い味わいが特徴の「新茶」です。

    清か‐さやか‐の紹介画像

茶舗牧ノ原の牧ノ原の小売店では真似できない製法

健康を贈る「新茶とお茶くずもち」のセットは母の日のプレゼントにも最適です。 母の日ラッピングにも対応しておりますので、ぜひご利用ください。

【接待の手土産セレクション特選受賞!】
新茶とお茶くずもちの
「日本の和・おもてなしセット」

「接待の手土産セレクション」において「最高賞である特選」を受賞した「茶舗 牧ノ原特製のお茶くずもち」と「2019年・新茶」の【日本の和・おもてなしセット】です。

吉野本葛を贅沢に使用。健康志向で、日持ちもするので、贈り物にオススメです。

  • 写真

    【接待の手土産セレクション最高賞の特選】
    「お茶くずもち」&『優艶‐ゆうえん‐』

    最高級の新茶『優艶‐ゆうえん‐』と、茶舗 牧ノ原の「お茶くずもち」のセットです。

    手摘みの茶葉など手間をかけて摘んだ贅沢な新茶と、上品なお茶あんと、最高級の吉野本葛で仕上げた、ぷるぷるモチモチの食感の、お茶くずもち。目上の方のギフトに最適な贅沢な和菓子です。

  • 写真

    【接待の手土産セレクション最高賞の特選】
    「お茶くずもち」&『春容‐しゅんよう‐』

    新茶『春容‐しゅんよう‐』と、茶舗 牧ノ原の「お茶くずもち」のセット。

    「テアニン(甘味成分)」が豊富で、丸みのあるやわらかい甘味の『春容‐しゅんよう‐』と、上品な甘みのお茶くずもちとの相性は抜群。来客用としてもご利用いただけるギフトセットです。

  • 写真

    【接待の手土産セレクション最高賞の特選】
    「お茶くずもち」&『翠風‐すいふう‐』

    新茶『翠風‐すいふう‐』と、茶舗 牧ノ原の「お茶くずもち」のセットです。

    甘味と共に力強さが感じられる、爽やかな味わいが特徴の『翠風‐すいふう‐』。手土産にも最適な価格帯で人気セットです。

  • 写真

    【接待の手土産セレクション最高賞の特選】
    「お茶くずもち」&『風趣‐ふうしゅ‐』

    茶葉が持つ甘味と凛とした爽やかな味わいを引き出した『風趣‐ふうしゅ‐』と、お茶くずもちのセット。

    ちょっとしたプチギフトから、しっかりした贈り物まで幅広い用途に喜ばれます。

  • 写真

    【接待の手土産セレクション最高賞の特選】
    「お茶くずもち」&『清か‐さやか‐』

    甘味だけでなく、渋みもしっかり感じられる豊かで深い味わいが特徴の『清か‐さやか‐』と、お茶くずもちのギフトは、ちょっとしたご挨拶やプチギフトに最適です。

「新茶」詰め合わせセット

この時期だけにしか買えない新茶の詰め合わせ。毎年一年分をお買い求めいただけるお客様もいらっしゃいます。お茶専門店の新茶を飲み比べてみてください。もちろん、ギフトにもオススメです。

  • 写真

    「新茶」5種詰合せセット

    茶舗 牧ノ原の2019年の新茶が丸ごと味わえる特別パッケージ。

    お茶専門店の贈る今年の新茶を思う存分、味わってください。

  • 写真

    『優艶‐ゆうえん‐』&『春容-しゅんよう-』セット

    新茶5種の中で、早摘みに分類される『優艶‐ゆうえん‐』と『春容‐しゅんよう‐』のセット。 テアニン(甘み成分)がより多く含まれており、上品な味わいの2種を楽しめます。

  • 写真

    『翠風‐すいふう‐』&『風趣‐ふうしゅ‐』セット

    味わいにコクが増してきた頃に摘む新茶2種の詰め合わせ。凛とした爽やかな味が特徴の新茶セットです。

  • 写真

    『翠風‐すいふう‐』&『風趣‐ふうしゅ‐』
    『清か‐さやか‐』セット

    茶葉が力強くなってきた頃に摘む新茶3種の詰め合わせ。爽やかでコクのある味が特徴の新茶パッケージです。

【母の日にオススメ】お茶とハーバリウムのセット

母の日におすすめ「茶舗 牧ノ原」のお祝いギフト。

  • 誕生日のお茶セット

    「接待の手土産セレクション特選」お茶葛餅とハーバリウムのセット

    全国の秘書の方々が選んだ珠玉の手土産として2年連続で特選受賞の「お茶葛餅」。
    そのお茶葛餅と、大人気のハーバリウムを合わせた「スイーツとお花のプレミアムセット」です。

    お茶葛餅とハーバリウムのセットをみる

  • 板張りお茶缶とハーバリウムのセット

    板張りお茶缶とハーバリウムのセット

    お茶缶に「突板材」を貼り付けた特別使用の、お茶専門店の緑茶とハーバリウムのセットです。こちらは外国人の方にも大人気の日本の和のギフトです。

    板張りお茶缶とハーバリウムのセットをみる

新茶の購入ガイド

発送について

梱包の説明画像
お客様がお買い上げの商品は、丁寧に梱包し、お送りさせていただきます。
ギフトなどの贈り物にも、どうぞご安心してください。

新茶について

新茶とは、その年の一番最初に摘んだ茶葉のことです。一年で一番最初に摘むお茶なので「一番茶」とも呼ばれております。

新茶の収穫時期は、八十八夜にあたる立春から数えて八十八日目の前後が一般的と言われております。
芽吹きの季節が来た時に美味しい茶葉が成長するように、お茶の木は冬の寒いあいだに土から栄養素をしっかり木に蓄えていきます。
その 冬の間に蓄えられたお茶本来の旨味・美味しさが凝縮されているのが「新茶」なのです。

茶舗 牧ノ原の「新茶」が美味しい理由

当店の製茶工場がある静岡県牧之原では、4月の下旬に一番茶の摘み取りがはじまりゴールデンウィークころが茶摘みの最盛期です。
これまで以上に美味しく、感動する「新茶」を皆様にお届けしようと、昨年からしっかり準備を重ねてまいりました。

お茶専門店として、これまで多くのお客様にお届けしてきた茶舗 牧ノ原の「新茶」。この季節にしか飲めない「極上の新茶の旨味・香り」を、どうぞ今年もお楽しみください。

茶舗 牧ノ原の新茶が選ばれる理由

  • 茶舗牧ノ原の牧ノ原の小売店では真似できない製法

    「職人さんとの協同」による製茶

    当店のお茶は一般の小売店のような仕入れ商品ではなく、職人さんとの協同で作った「茶舗 牧ノ原オリジナルのお茶」です。

    「ブレンド」と「火入れ」に徹底的にこだわり抜いた、お茶を知り尽くした職人さんと作りだす「茶舗 牧ノ原でしか飲めないお茶」を、ぜひご堪能ください。

  • 県内唯一の火入れ機とお茶の達人

    「究極の火入れ機」と「お茶の達人」

    当店の製茶工場では、静岡県内唯一の「直火式火入れ機」使用しています。

    絶妙な火のコントロールが要求されるこの機械で仕上げることは、他のお茶屋さんが真似しようとしても、まずできません。

    当店のお茶は「究極の火入れ機」と「熟練された人間力」によって生みだされています。

    • 妥協しないお茶づくりの姿勢

      妥協しないお茶づくりの姿勢

      「新茶」の時期には店主・スタッフ共々静岡へ赴き、長期間滞在し、荒茶の吟味からブレンド、火入れなどの工程までも立ち会います。

      その年、その年の「新茶」の出来の良し悪しを吟味し、牧ノ原の「お茶」の素材に適した「良いもの」のみを選び、仕上げること。

      「お茶のプロ」としての責任を持ち、お客様にお届けする「茶舗 牧ノ原オリジナルの深蒸し茶」を仕上げております。

    • 美味しいとこどりのブレンド茶葉

      一年のうち、一番美味しい新茶

      新茶とは、その年の一番最初に収穫できるお茶のことで「一番茶」とも呼ばれております。

      牧之原台地がある静岡県では、4月の下旬に一番茶の摘み取りがはじまります。

      冬の寒い間に、しっかり栄養素を蓄えた茶葉。一年のうち、この時期だけに飲むことができる、とれたての新茶の香り・味を存分にお楽しみください。