• 2017茶舗 牧ノ原自宅用のお茶

    「静岡県産」茶舗 牧ノ原のご自宅用のお茶

  • 2017茶舗 牧ノ原のギフト用のお茶

    「接待の手土産セレクション【特選】受賞店」
    茶舗 牧ノ原のギフト用のお茶セット

茶舗牧ノ原のお茶・日本茶・緑茶

お茶が作られる工程は、実は非常に複雑で、手間と時間がかかります。

まず、茶園で摘まれた後、最初に蒸され、乾燥しながら揉まれ「荒茶」が作られます。
その後「煎茶」に仕上げられますが、「仕上げ」とは、その荒茶を原料にして、 商品として磨きをかけていく工程で、ここで「煎茶」としての味や香り・色に特徴を持たせます。

原料である荒茶をブレンド、乾燥(火入れ)し、くきや芽、粉などを選別して、いわゆる「煎茶」として仕上げられます。

選別の工程で仕分けられた「煎茶」に使用される「本茶」以外のものが「出物」と言われるお茶になるのです。

形状や部位に応じて、芽茶、棒茶(くき茶)、粉茶として、それぞれの特徴を持った味わいを楽しませてくれます。

茶舗 牧ノ原の出物はどれも個性的で、魅力的。

「脇役」なんて言わせない。

そんな主張を感じられるお茶が揃っています。

3 件中 1-3 件表示 

芽茶

芽茶

当店特別価格864円(税込)

茶葉の新芽の先端部分のみを集めたのが芽茶。

深蒸しの芽が持つ特徴的な甘さ・青さで、眼が覚めるような濃厚な味わいが人気のお茶。

水色は濃緑色。

棒茶

棒茶

当店特別価格756円(税込)

くき茶とも言われます。
深蒸しの茶葉の茎の部分のみを集めて仕上げたお茶。

色よくさわやかな青さで、スッキリとした味わいが特徴。

粉茶

粉茶

当店特別価格324円(税込)

深蒸し煎茶の製造工程で出る細かくなった粉のみを集めたお茶。

さっぱりした味わいは、昔からお寿司屋さんなどで「あがり」として使われます。

水色は濃い緑色。



3 件中 1-3 件表示